ホーム さくらトピックス 仏壇 バーズアイメープル
《京壽 つゆ芝 金古木》

さくらトピックス

バーズアイメープル
《京壽 つゆ芝 金古木》

仏壇 家具調仏壇

こんにちは。

本日は、とても珍しく貴重な木材「バーズアイメープル」を使用して
造られたお仏壇《京壽 つゆ芝 金古木》をご紹介します。

サイズは尺四とスリムなお仏壇。

バーズアイメープルとは、カエデ科のハードメープル種にごく稀に現れる
とても珍しい杢目をもった美しい木材です。

渦を巻くような、丸い鳥の目のようにも見えることから、
バーズアイメープルと呼ばれています。

日本では鳥目杢(ちょうがんもく)とも言われています。

ハードメープル2000本のうち1本ほどの割合でしか現れることのない
非常に稀少な木の中から、さらにその木の表面近くのおよそ五分の一しか
採ることができないほど、バーズアイメープルは希少価値の高い木材なのです。

その杢目の美しさや高級感から ” 木の大理石 ” とも呼ばれるほどです。

その見た目の美しさだけでなく、非常に優れた耐久性もあり、
高級家具や高級車の内装にも使われています。

また、このお仏壇の名前にもなっている「つゆ芝」

露芝(つゆしば)は、細い三日月形の芝草、露が玉状に宿った様子を描いた柄です。
朝の日差しによって消える露は ”はかなさ” を表現しています。

古くから儚いものの美しさに魅せられ、愛でる。
日本の美学が垣間見れる作品でもあります。

桃山時代から江戸時代にかけて能装束にも用いられました。
現代でも好んで用いられる趣のある柄です。

つゆ芝の上を跳ねる鈴虫は、螺鈿(らでん)細工という
日本の伝統工芸に用いられる装飾技法で描かれています。

表面はセルロースラッカー仕上げ。

セルロースラッカーとは、天然の繊維を原料にして作られた塗料です。
木材との相性が良く、高い透明度があり、光沢も美しく、杢目を綺麗に見せます。

しかし、手間と時間がとてもかかる仕上げなので、
今では高級家具や、高級な楽器などにしか使われません。

同じシリーズの経机もございます。

こちらのページに寸法や価格などの詳細がございます。合わせてご覧ください。
家具調仏壇「京壽 つゆ芝 」 | おぶつだんの佐倉 和歌山にあるお仏壇お仏具専門店 (sakura-butudan.co.jp)

デザインでは昔ながらの日本の趣を感じさせ、
使用している木材は洋風な雰囲気のバーズアイメープル。

まさに和洋折衷な芸術性の高いお仏壇です。