ホーム さくらトピックス 仏具小物 色よりも香こそあはれと思ほゆれ

さくらトピックス

色よりも香こそあはれと思ほゆれ

小物 商品

誰が袖触れし宿の梅ぞも

という和歌があるほどに(古今和歌集より)
梅の花はその見た目よりも香りに深い趣を感じる、ということで
本日はそんな梅の香りのお線香を紹介していきます。

最初にご紹介するのは、薫寿堂の 《花かおり うめ》

微煙タイプとなっており、
煙が少なくなればそれに比例して香りも優しくなります。

ですので、煙や香りが少し苦手な方にもおすすめです。

二つめは日本香堂の 《花風 白梅》

こちらも煙少なめですが、花かおりより匂いは濃いめです。
春の野に咲く白梅の透明感をイメージして作られました。

三つめは奧野晴明堂の 《心なごみ香 寒梅》

こちらのお線香のパッケージは、
和歌山県にある根来寺の画僧である「牧宥恵」氏が描いた心のほぐし絵。

不安な気持ちを忘れ、心がほっこりと和むように。

そんな願いが込められているお線香です。

お線香の色も濃いピンク色で可愛らしく、お仏壇が華やかになります。

和歌にある、”誰が袖”(たがそで)とは「匂い袋」という意味もあるのです。

こちらは京都の香老舗 松栄堂の 《誰が袖 みやこ》

甘く優しい、質の良い天然香料の香りが上品な印象の匂い袋。
見た目も可愛らしく、プレゼントにもきっと喜ばれるでしょう。

鞄や洋服のポケットにさりげなく忍ばせるのはもちろん、
車の中や自分のロッカーに吊って香りを楽しんだり、使い方は様々です。

香水やコロンなどとはまた違う趣の、
ゆかしい心づかいはいかがでしょう。

香老舗 松栄堂 の商品は、当店でも他にたくさんのお香やお線香の取り扱いがありますので
また今後ご紹介していきます。